TRAILER

ABOUT

~舞台からスクリーンへ~
シェイクスピアの国の英国ロイヤル・バレエ団が誇る傑作、巨匠ケネス・マクミラン振付のバレエ「ロミオとジュリエット」が劇場を飛び出し、今までに無い形でスクリーンに登場!

短い生を情熱的に駆け抜けたロミオとジュリエットの物語が、16世紀のヴェローナの街を再現したロケーションと精巧なセットで撮影。名曲プロコフィエフの音楽に乗せ現代的でスピーディな演出と劇場用映画ならではのカメラワークにより、さらにドラマティックな形で表現された。

キャストとして登場するのは脇役に至るまで、演劇的バレエでは他の追随を許さない英国ロイヤル・バレエを代表するダンサーたち。映画『キャッツ』で白猫ヴィクトリア役を演じて話題をさらったプリンシパル・ダンサー フランチェスカ・ヘイワード、そして期待の若手ファースト・ソリストのウィリアム・ブレイスウェルが、運命に翻弄された恋人たちを演じる。また敵役のティボルトには、マシュー・ボーン版『白鳥の湖』で男性の白鳥として主演し、今バレエ界で最も熱い視線を浴びるプリンシパル・ダンサー マシュー・ボール。本作では原作の登場人物の実年齢に近い、若いダンサーたちが主要なキャストとして選ばれ、演技と共にバレエの超絶技巧も披露。

監督は、ボリショイ・バレエの内幕を描いたドキュメンタリー「Strictly Bolshoi」でエミー賞受賞のマイケル・ナン。撮影監督のウィリアム・トレヴィットと共に“バレエボーイズ”を結成した彼は英国ロイヤル・バレエ団で活躍し、日本のKバレエ・カンパニーの設立メンバーでもあった現役のダンサー、振付家であり、欧州放送連合主催の国際テレビ祭のローズ・ドールや、プラハ国際テレビフェスティバルなどでも受賞している

誰もが知っている『ロミオとジュリエット』の物語が、誰も観たことがない形で生き生きと、鮮やかに銀幕上で言葉を必要としないバレエとして再現される。この画期的な瞬間を見逃さないでほしい。

STORY

キャピュレット家のジュリエットとモンタギュー家のロミオは情熱的な恋に落ちるが、2つの家は対立している。ひそかに結婚する2人だが、運命のいたずらによりロミオはジュリエットの従兄弟ティボルトと決闘、彼を殺してしまう。ロミオは罰としてヴェローナから追放される。

ジュリエットは両親によってパリスとの結婚を強いられるが、それを逃れるために毒薬を飲んで仮死状態となって、ロミオの元に行く計画を立てる。だが彼女のメッセージはロミオには届かず、ジュリエットの死の知らせを聞いて戻ってきたロミオはキャピュレット家の墓所で命を絶つ。仮死状態から目覚めたジュリエットはロミオの亡骸を発見し、胸を刺して後を追う。

CAST&STAFF

CAST

ジュリエット:フランチェスカ・ヘイワード

ロミオ:ウィリアム・ブレイスウェル

ティボルト:マシュー・ボール

マキューシオ:マルセリ-ノ・サンベ
ベンヴォーリオ:ジェームズ・ヘイ
パリス:トーマス・ムック
キャピュレット卿:クリストファー・サウンダース
キャピュレット夫人:クリステン・マクナリ-
乳母:ロマニー・パイダク
ローレンス神父:ベネット・ガートサイド
ロザライン:金子扶生



STAFF

監督:マイケル・ナン
撮影監督:ウィリアム・トレヴィット

振付:ケネス・マクミラン
セルゲイ・プロコフィエフ
美術:ニコラス・ジョージアディス